Blog

シルフィア ブログ

炭水化物を抜くと痩せる?太る?

おはようございます。
渡辺です♪

炭水化物を抜くと痩せられる、ダイエットできる、キレイになれると思っている方はとても多いと思います。確かに炭水化物が、食事量のなかで多くの割合を占めるようになると、おデブまっしぐらなのです。かといってほぼほぼ炭水化物を摂らないとなると、体に危険を及ぼすことも言われ始めています。痩せるはずが、太る・老化する・肌が荒れるの三重唱になってしまうこともあるのです。
どの程度炭水化物を制限したらいいのかについても詳しく説明します。ブログ画像炭水化物を抜くと痩せる?太る?

栄養学的には、炭水化物から食物繊維を除いたものが「糖質」となります。多くの方は、この糖質を制限するまたは摂取しないことで、ダイエットになると考えてしまいます。

炭水化物は、体内に入るとブドウ糖に分解され、脳の大切な栄養源にもなりますが、炭水化物だけを全然摂らないと、太ることになってしまう場合もあるのです。

「炭水化物を抜く=太らない」という考え方

炭水化物の代表的な食べ物は、パンやお米のご飯です。一見太りやすいとは思えない食材です。
パンや、ご飯が体内に入ると、血液中の糖分をエネルギーに変換するという作用が起こるのですが、食べ過ぎると糖分が多く残ってしまいます。この余分な糖分はしっかりと中性脂肪としてあなたのお肉となってくれるのです。

こんなわけで、ごく普通に考えると炭水化物を制限すれば、痩せやすくなる、太りにくくなると思うのも当然ですね。

炭水化物の摂取を抑えても、太りやすくなるのはなぜか?

痩せるために、炭水化物を過剰に摂らないようにすることは理にかなっているのですが、消費エネルギーが増えないと、痩せないばかりか、太りやすくることがあります。

ウォーキングや、出来れば軽い筋肉運動を摂り入れて上手くエネルギーを消費しないと、少しだけ摂取した糖質であっても、「内臓脂肪」として体に溜まっていくことになるのです。

エネルギーを消費するために適度な筋肉をつけながら、過度にならない程度の糖質制限をすることが望ましいです。
美しく健康的な体を保つためには、炭水化物を極端に制限するのではなく、ビタミンやミネラル、食物繊維などとのバランスが大切なのです。

サロンでは食事、運動アドバイスもしております!
気になる方はスタッフまで♪

http://sylphya.jp/

http://sylphya-flora.jp/

2019.12.14

Shop

店舗情報

東京都中央区銀座1-5-2 銀座ファーストビル5F

営業時間 11:00~21:00(定休日:水曜日)※日・祝 11:00~18:00