Blog

シルフィア ブログ

排泄力アップ タラソコースおすすめです♪

最近、寒暖差が激しいので身体が浮腫みやすいので、
浮腫みを溜めないことが大事になります!


むくみとは

私たちの身体にある、余分な水分や老廃物が溜っている状態のことです。
・こんなことはありませんか?
(夕方になると脚が太くなる)
(朝起きると顔が腫れたように感じる)


むくみの正体

私たちの体に栄養素や酸素を運ぶ役割の血液と血管があり、血管が通っていない部分は、毛細血管から細胞に必要な成分を運んでいます。毛細血管から細胞に成分を届けてくれる「細胞間液」という成分は、水分や老廃物となって静脈やリンパ管へ運ばれていきます。
むくみの正体は、静脈やリンパ管の流れが悪くなってしまうことで、水分や老廃物が回収されずに皮膚の下に溜ってしまうことなんです。


むくみを予防するには

1 適度に運動すること

むくみやすい脚は、筋肉(特にふくらはぎやもも)が弱まり、血液の流れが悪くなっています。
ウォーキングや散歩などで筋力をつけていきましょう。

2 階段を登る週間を作ること

日常生活でできる筋力アップの代表です。

3 脚の先を動かす

脚の先を動かすと、ふくらはぎの筋肉も動いて血液の流れが良くなります。
つま先を上げたり、かかとを上げる運動を椅子に座ったタイミングで行ってみて下さい。


むくみを引き起こしやすい食べ物

・梅干し・ラーメン・漬け物・魚の練り製品・ハムなどの加工品
塩分の多い食品を摂ることで、脳が身体の塩分濃度を下げようと水分を取り込み、むくみになっていきます。



むくみを解消してくれる栄養素

1 カリウム

塩分を外に排出
(アボカド、バナナ、ほうれん草など)

2 クエン酸

体内の老廃物を分解・排出
(グレープフルーツ、レモンなど)

3 ビタミンE

体内のナトリウムを尿中に排出
(モロヘイヤ、アボカド、プルーンなど)

4 サポニン

体内の水分量を調整
(きゅうり、ごぼう、小豆、にんにくなど)

5 ビタミンB6

ホルモンバランスを整え生理前のむくみを抑制
(まぐろ、かつお、牛レバー、大豆など)


筋膜リリースなどマッサージで全身の流れを促進したり、ミネラルたっぷりのノンFクリームで排泄機能を毎日高めることがオススメです!
新しいミネラルパックコースも登場しましたので、是非お試し下さい♪

2021.03.28

Shop

店舗情報

東京都中央区銀座1-5-2 銀座ファーストビル5F

営業時間 11:00~21:00(定休日:水曜日)※日・祝 11:00~18:00