Blog

シルフィア ブログ

♪幸せホルモン~睡眠編~♪

身体の不調と関わりが深いセロトニンについてです。

幸せホルモンと呼ばれるセロトニンは、精神の安定や睡眠に深く関わっている神経伝達物質です。                  セロトニンが不足すると、ネガティブな思考になったり、内臓の働きや代謝が下がったりするため、心身の安定のために不足しないように分泌させることが重要です。

 

セロトニンは朝起きた時から分泌が始まり、日が沈む夕方まで分泌され続けます。  夜には分泌が抑制され、セロトニンを材料にして「メラトニン」という物質が夕方から夜12時頃にかけて生成されます。 夜12時過ぎると、だんだんメラトニンの分泌量が減り、朝になると分泌が停止して、メラトニンに変わりセロトニンが分泌されるというサイクルです。

このメラトニンは睡眠ホルモンとも呼ばれ、入眠を促す作用があります。 メラトニンは、パソコンやスマートフォンの画面から発せられるブルーライトの光によって減少してしまうため、夜寝る前にパソコンやスマートフォンを見ると入眠の妨げになります。        日中はセロトニンを活性化させ、夜はメラトニンを減少させない生活を心がけることが、良い睡眠に繋がります。

 

上質な睡眠は精神だけでなく、

ダイエットや体調にも大切なんですよ♪  

 

2018.06.30

Shop

店舗情報

東京都中央区銀座1-5-2 銀座ファーストビル5F

営業時間 11:00~21:00(定休日:水曜日)※日・祝 11:00~18:00