Blog

シルフィア ブログ

可動域を広げよう♪

ブログ画像

おはようございます♪

皆様、アナトミートレイン(筋膜経路)はご存知でしょうか?
筋膜は分かりやすく言うと、1枚の膜で出来ていて身体を支えています♪
足裏の反射区があるように、筋膜にも繋がりがあります♪
身体の可動域と関係が深いので、今日は可動域の話をします♪

まず1つ目は股関節の可動域です。
股関節周辺の筋肉(内転筋群腸腰筋、大腿直筋、大腿筋膜張筋)
股関節周辺には多くの腱が股関節周りに集まっています。さらに、大腿動脈という下半身へ血液を送る太い動脈、多くのリンパ節、そして太い神経が通っていることから股関節周りが固まってしまうと血管やリンパを圧迫してしまうので血流やリンパの流れが悪くなってしまいます。結果、浮腫みや冷え性、痺れなどが起こりうる可能性があります。
また本来自由に動くべき股関節の動きが制限されてしまうと、膝痛や腰痛を引き起こす事もあります。

2つ目は肩甲骨の可動域です。
肩甲骨はもともと、柔らかく、自由自在に動き、可動域が広い骨です。
姿勢の悪さや、動作の癖、または運動不足による肩や、背中の周辺にある筋肉のパフォーマンスの低下、筋力不足が原因です。

肩甲骨が固くなることで、猫背や、前屈み等の良くない姿勢や、運動不足で固くなりやすく、可動域が狭くなりがちです。
固くなり可動域が狭くなると、周辺の筋肉の動きが低下し血流が悪くなり、老廃物も蓄積しやすくなってしまいます。
それにより肩こり、肩痛が起きやすくなります。肩こり等があると、動きが制限されてしまう事で、ますます固くなり可動域が狭くなります。
さらに血流が悪くなり、肩こりがひどくなり、背中や、首を始めとした肩甲骨や、腕など他の部分にも影響を及ぼすという悪循環に陥ってしまいます。
予防のためにも、美容や健康のためにも、柔軟性と可動域を広く保つ事がとても大切です。

このように身体の可動域が悪い状態が続くと、様々な支障がでてきます。
筋膜リリースや軟部組織筋膜リリースは、筋膜の癒着を改善していくことで可動域を広げてお身体全体の流れを正常な状態に導くお手入れです。
筋膜リリースを受けるとお身体全体の巡りが良くなり浮腫みも改善してとてもスッキリ感を感じて頂けると思います♪
同時に、ボディラインが整うので一回でのサイズダウンも実感していただけます♪

是非ご来店頂きご体感ください♪
ご予約お待ちしております。

2019.03.28

Shop

店舗情報

東京都中央区銀座1-5-2 銀座ファーストビル5F

営業時間 11:00~21:00(定休日:水曜日)※日・祝 11:00~18:00